疲れが取れない原因

疲れが取れない原因

疲れが取れない原因には、何が考えられるのでしょうか?

疲れが取れない原因は?どうして、いつも疲れているのか?


何故かいつも体が疲れている・・・。そんなことはありませんか?

実はその体の疲れが取れない原因があるのです。その中の1つには睡眠の質があります。いつも同じ時間に寝ている、充分な睡眠時間を確保していると思っていても、睡眠の質が悪ければ体の疲れをいやすことは出来ません。

では、どうすれば睡眠の質を高めることが出来るのでしょうか?

まずは睡眠の質を落としてしまう原因をチェックしてみましょう。考えられる原因の1つに体内時計のズレがあります。いわゆる時差ボケ状態を指します。

眠たいのに眠れない、あくびが止まらないというのなら、体内時計がずれている可能性があります。対策としては早朝に朝日を浴びることや、毎朝同じ時刻に起きること、そして眠りすぎは禁物です。

睡眠の質を高めることが、体の疲れを癒す手段の1つ

 

体がこわばっていても睡眠の質を高めることが出来ません。体に力が入った状態だと血行が悪くなり、いつまで経っても疲れをとることができません。

心身ともにリラックスした状態で眠ることが一番でしょう。その対策としては眠る前にマッサージをする、ストレッチをするなどがあげられます。

また、お風呂は就寝前の1時間前に入り、ぬるめのお湯でゆっくり入ることや、眠る前には電気を暗くして眠る準備に入ることが必要です。

人間は体温が1度下がると眠りに入りやすくなると言いますから、ちょうど眠る1時間前にお風呂に入ることで眠る時には体温が下がっているという計算になるんですよ。

ゆったりした音楽を聴いてもよいでしょう。リラックスしながらベッドにつくことにより、心身ともにこわばった体をほぐすことが出来、睡眠の質も自然と良くなります。

食生活を豊かにしてしっかり栄養を摂ろう

 
疲れが取れない原因としては、栄養不足があげられます。乱れた食生活を送っていると疲れはとれにくい傾向にあるようですね。疲れが取れない原因としてあげられるのはビタミンBが不足している場合があります。

ビタミンBは食事で摂った栄養をエネルギーに変換する働きを持っています。ですからビタミンBが不足するとエネルギー不足になり、疲れが取れない原因になります。

さらに鉄分が不足しているとこれも体が酸欠状態になり、疲労になって現れてしまいます。またミネラルも不足すると不足しますから、牛乳や納豆、豆腐などを摂るようにしましょう。

食生活の乱れによって疲れがなかなか取れない場合

 

また朝食を摂らないのも疲れが取れない原因の1つです。脳に必要な栄養素はブドウ糖のみです。不足したブドウ糖はそれを補うために肝臓のグリコーゲンというものが代用されます。この肝臓の負担が疲労になります。

さらに炭水化物や糖質、カフェインの摂りすぎも疲労が溜まる原因の1つです。炭水化物を摂りすぎると血糖値があがり、疲労感に繋がりますし、糖質を摂りすぎると代謝が低下します。

なかなか疲れが取れません。カフェインの摂りすぎは眠れなくなるのはもとより、神経過敏などの症状が現れます。疲労回復を阻害しますし、心の病の原因ともなりますから、コーヒーやココア、栄養ドリンクなどは控えるようにしましょう。

また胃腸が疲れている場合もそのまま体がだるい状態になって現れます。冷たいものを飲む代わりに常温のものを飲む、寝る直前の食事は控える、よく噛んで食べることが第一でしょう。

その疲れ、実は病気が原因の可能性も!

 
疲れが取れない原因として、病気という可能性もあります。まず糖尿病が代表的なもので、体がだるい症状が続くことがあります。糖尿病になると体の細胞に栄養が届きにくくなりますから、体のだるさや疲れに繋がります。

さらに睡眠時無呼吸症候群は眠っている間に呼吸が一時停止している状態です。自分では気づいていないかもしれませんが、これも睡眠の質を除外しているのです。

また、軽いもので風邪の引き始めにも少し歩いただけでも疲れる、というものがあります。いわゆる倦怠感が現れ始めます。もし風邪かもしれないと思ったら、頭痛や微熱が出る前に、体を温めるなどして免疫力アップを図りましょう。

病気が原因の場合は速やかに病院へ受診を

 

また疲れが取れない原因として考えられる病気として、甲状腺の病気があります。甲状腺はホルモン分泌を行っている器官ですが、この甲状腺の機能が低下すると疲労感に襲われます。

集中力の低下なども起こりますから、なかなか疲れが取れない場合は甲状腺の病気も疑ったほうが良いでしょう。

さらに心の病というケースもあります。強いストレスを受け続けるとうつ病、精神的な病気にかかりやすくなります。もしくは患ってしまいます。

心の病は倦怠感を生み出し、何事にもやる気が起きず、疲れやすくなり、疲れが取れないという現象を起こしてしまうのです。慢性的な倦怠感を感じるのが心の病の特長です。

いずれも長時間疲れが取れない場合は、何らかの病気が絡んでいるケースもありますから、速やかに病院へ受診したほうが賢明でしょう。もし自覚症状があるならなおのことじゅしんしたほうが良いでしょう。

 

原因はたくさん
カテゴリ
最新の投稿