疲れが取れない原因

疲れが取れない原因

疲れが取れない原因には、何が考えられるのでしょうか?

肝臓が疲れると体の疲れも取れにくい

読了までの目安時間:約 2分

きちんと眠っているけれど、前日の疲れを引きずって疲れが取れない、もしくはいつもだるい、目覚めも悪いし肌の調子や髪質も悪くなってしまった。

これらの兆候を感じたら、それは肝臓が疲れている可能性が大です。妙に疲れが取れないと感じた場合は肝臓のケアが必要となります。肝臓をケアすることは生活習慣を見直すことで出来るものですから、今すぐにでも行うことが出来ます。

肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれるほど無言ですから、目に見えた症状が現れることはありません。しかし肝臓が疲れていると疲れた体に追い打ちをかけることになります。

仕事や家事、育児などで忙しいけれど、やはりほっと一息ついても疲れがなかなか取れない場合は肝臓のケアをしてみると良いでしょう。

肝臓の疲れのケアとしてまず挙げられるのは生活習慣を改善することです。そのためにはタバコを控える、アルコールを控えるなどが主なケア方法だと言えますね。今からでも出来ることです。

肝臓は沈黙の臓器であるからこそ、より一層ケアが大切

 

肝臓は体内の解毒作用を持った器官ですから、肝臓が疲れていると体全体が疲れるものです。肝臓の機能をサポートしてくれるのにはオルニチンという成分が良いと言われています。最も代表的な食材としてはシジミがあげられます。

マグロ、チーズなどにも豊富なオルニチンが含まれますから、積極的に食べるようにしましょう。また大切な栄養素の1つに卵があります。

良質なたんぱく質は体も元気にしますから、肝臓への負担を減らすためにもオルチニンを摂取する、難しければサプリメントを飲むなどして肝臓をケアしていきましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

原因はたくさん
カテゴリ
最新の投稿